演習問題 1.10

「パターン認識と機械学習」(PRML)演習1.10の解答です。

確率の基本性質を導出する問題。
被積分関数が一変数関数の積に分解できるとき,一変数の積分に分解できるという性質を使います。

solution to prml exercise 1.10

ビショップの「パターン認識と機械学習」(PRML)の演習問題の解答を順に掲載中。
すでに全問解いてあるのですが、記事化が大変。
本家の解答が説明不足で挫折者多数と聞きますので、ここではできるだけ丁寧に解説することを目的にしています。

第1章(Chapter 1)【完了】
第2章(Chapter 2)【完了】
第3章(Chapter 3)【完了】
第4章(Chapter 4)【着手】

シェアする