演習問題 1.24

演習 1.24の解答です。

PRML本文の1.5.3節では、事後確率に対し閾値 \theta を設けてRejectするやり方が解説されていますが、この問題では、識別結果の損失に対して閾値 \lambda を設定してRejectする手続きを求めます。
また、演習1.22と関連して、損失行列を \L_{kj}=1-I_{kj} と設定した時に、この二つのRejectの手続きがどう関係するかを調べます。

難しい問題では無いのですが、ちゃんと理解していないと混乱します。

prml exercise solution 1.24