演習問題 1.25

演習 1.25の解答です。

目的変数が多変数の場合の回帰を解く問題。
変分法の練習にちょうど良い問題です。
変分法は被積分関数が G(x,y,y') というように y' を含む形で定式化されていますが、今回は y' が無いので、オイラー公式はより単純な形になります。
変分を表す \delta と偏微分を表す \partial を取り違えないよう。

prml exercise solution 1.25