演習問題 1.26

演習 1.26の解答です。

本文の流れにしたがって、多変数の場合について、損失関数の( p({\bf t},{\bf x}) についての)期待値を直接最小化します。
\mathbb{E}[{\bf t}|{\bf x}] が、変数 {\bf t} の確率 p({\bf t}|{\bf x}) についての期待値であり、var[{\bf t}|{\bf x}] が、変数 {\bf t} の確率 p({\bf t}|{\bf x}) についての分散であることに注意しましょう。
「どの変数(関数)」を「どの確率」について、期待値や分散を取るか、間違えないようにしましょう。

prml exercise solution 1.26