演習問題 1.9

「パターン認識と機械学習」(PRML) 演習 1.9 の解答です。

ガウス分布の平均を求める問題。
これまで通り、微分してゼロと置けば求まります。
多変量の場合はベクトルでの微分になるので、付録Cを参考にします。
公式は付録に載っているもの以外にも多くあるので、使ったら本に書き込んでおくと便利。

スカラ、ベクトル、行列の書き分けはちゃんとやりましょう。

solution to prml exercise 1.9

『演習問題 1.9』へのコメント

  1. 名前:広瀬 投稿日:2020/03/13(金) 21:58:54 ID:d39bc41ef 返信

    解答大変参考になります。ありがとうございます。

    多変量ガウス分布の「(C.27)の変形の〜」の次の行についてですが
    Tr(x^t B x)ではなく、Tr(B x x^t)ではないでしょうか?
    また(C.27)は正方行列についての微分公式ですので、今回とは無関係のように思います。

    思い違いでしたらご容赦ください。よろしくお願いします。

    • 名前:広瀬 投稿日:2020/03/13(金) 22:03:00 ID:d39bc41ef 返信

      先の
      “また(C.27)は正方行列についての微分公式ですので、今回とは無関係のように思います。”
      は、思い違いでしたのでお気になさらないでください。