演習問題 2.61

演習2.61の解答です。

K近傍密度モデルは、全空間上での積分が発散する変則分布になることを示す問題。

全空間上での積分を、半径 r の超球の r:0 \to \infty の積分に変換するのがポイントです。超球については演習問題 1.18演習問題 1.19演習問題 1.20 で扱ったので思い出してください。

これで長かった2章も終わりです。お疲れ様でした。

prml exercise solution 2.61